パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

発行書籍一覧 > 現代の錬金術師シリーズ一覧 > /


積立投資のすべて

積立投資のすべて
誰にでも始めやすい富裕の王道を徹底研究

著者 星野 泰平
定価 本体1,400円+税
2011年11月発売
A5判 337頁
ISBN 978-4-7759-9109-1 C2033


トレーダーズショップから送料無料でお届け

「積立」の知られざる特徴を体系的に徹底究明

 積立投資とは、定期的に、ある金融商品に、一定金額の投資を、長期に続ける方法 である。例えば、毎月、株価指数に連動する投資信託に、3万円の投資を、10年間継 続するというものだ。

 一般には「ドルコスト平均法」と呼ばれる。確定拠出年金(日本版401k)の広がり (徐々にだが)や、投資信託にかかる手数料の低下、世界的な株価下落を受けて、近 年注目されている投資スタイルだ。

 次のことが当てはまる人に、積立投資は一考の価値があるだろう。

●投資に興味はあるが、よく分からないし、損が怖い
●手元にまとまったお金はないが、定期収入はある
●目先、下落するかもしれないが、10年後の世界経済には楽観的だ
●老後のことも少しは考えておきたい

 その理由は、本書が論理的かつ詳細に解説してくれる。

 もちろん、いつでも“万能”の投資法があるわけではない。積立投資にもデメリッ トはある。それも本書で再三指摘されているところだ。

 メリットもデメリットも理解することで、適切な対処法、利用法が見えてくる。ま た本書でも触れられているように、それを補完する方法もある。

 目先の下げにうろたえて、積立を途中であきらめてしまう投資家は多い。しかし、 本書を読めば、投資対象の将来的な成長に確信があるかぎり、この下げはむしろ “バーゲンチャンス”であり、歓迎すべきことであると分かるだろう。歴史を見るか ぎり、たとえ日本株のバブル絶頂期に積立を始めたとしても黒字化の機会が何度もあ るのだ。

 最近では、長期投資家だけでなく、FXや先物のトレーダーのなかにも積立に関心を もつ人がいる。運用手段の分散化、ヘッジのひとつとなり得るからだ。しかも、一度 設定してしまえば、管理に頭を使う必要がほとんどない。さらには、トレードの主な “軍資金”がすでに貯め込んだ「まとまったお金」であるのに対して、積立投資の軍 資金は月給の一部など「これから受け取るお金」であり、種類が違う。

 このように“全投資家必修”ともいえる積立投資の知られざる魅力を本書から理解 し、長期的な資産形成に役立ててほしい。



目次

はじめに
自分年金を作ろう
未来のお金
別の視点

第1章 積立投資の特徴 漸爾っても安心感

1-1 値下がり安心効果
半値に下げても黒字
戻れば大丈夫という安心感
人間の脳は損に敏感
ある水準まで戻る必要
値下がり保険料を払っているイメージ
個別株積立のリスク
ケーススタディ

1-2 スピード回復効果
素早く黒字に
類似商品でも結果が異なる可能性
「儲けたい」と「損したくない」の違い
絶対基準と相対基準
回復力=安心感
ケーススタディ

第2章 積立投資の特徴◆遡瓩譴侏益

2-1 リバウンド効果
値下がりは未来への投資
世界の投資家の8割は不成功
ケーススタディ

2-2 値上がり効果
一方的に上げるほど低効率
価格が10倍でも成果は3倍未満
価格が100倍でも成果は5倍程度
上昇後の下落は逆風
元に戻ると赤字に
一括投資と組み合わせて考える
ケーススタディ

第3章 積立投資の特徴〜タイミングに悩まない

3-1 タイミングフリー効果
始めるタイミングは重要でない
底値も高値も関係ない
始めるときは恐怖を感じる
人間心理は「先憂後楽」
ケーススタディ

3-2 エンディング効果
終わりが肝心
ライフサイクルファンド
米国では変動商品が基本設定
複利の副作用
分配金の再投資も複利とは関係ない
ケーススタディ

第4章 積立投資の特徴ぁ膳兮海大事

4-1 プロセス効果
プロセスが肝心
理想的なプロセスとは
確定拠出年金加入者の半数は預貯金
プロセスを楽しもう
ケーススタディ

4-2 継続効果
タイミングよりもターム
ファーストよりもスロー
投資は積み上げるもの
ケーススタディ

4-3 予測不要効果
現状評価は価格と口数のバランスで
分からないことが分かればよい
ケーススタディ

第5章 回復力の徹底検証

5-1 資産ごとに検証
日本株式
先進国株式
新興国株式
世界債券
世界不動産
コモディティ
60カ月という目安

5-2 赤字化しやすく黒字化しやすい
裏を返せば

5-3 一般に広まっている誤説
効率性の誤解

第6章 期待値の徹底検証

6-1 収益率を検証する
あまり儲からない
直線的に上昇する場合の期待値
ボーナス買付を加える
収益率はプロセスで変わる
利回りで考えない

6-2 実際に毎月いくら積み立てればよいか
老後資金の準備額
運用目標3000万円を達成するために
年代別の積立必要額
頭金を入れてみる
運用目標2000万円を達成するために
運用目標5000万円を達成するために
期待値から現実的に

第7章 ポートフォリオの徹底検証

7-1 10年間の検証
検証概要
損失に終わった回の数
平均利益額
最高成績
最低成績
各ポートフォリオの10年後の損益額

7-2 時系列の検証
損失に終わった回の数
平均利益額
最高成績
最低成績

7-3 分割投資と溜込投資を組み合わせる
長期投資の4つのスタイル
分割投資
実際の指数で分割投資を検証
ボーナス投資
実際の指数でボーナス投資を検証
自分の人生観に合った組み合わせを

第8章 リバランスの徹底検証

8-1 リバランスの着眼点
リバランスとは
積立投資固有の視点

8-2 リバランスのタイミング
とりあえず始めてみた投資家の場合
自力でポートフォリオを組んでいる投資家の場合
定期的なリバランスの必要なし

8-3 経過をみるときの注意点
毎月の変動に一気一憂しない
最適な資産配分の追求はキリがない
ボラティリティは計測期間で異なる
ボラティリティは刻々と変化する
ボラティリティを絶対視しすぎない

第9章 総括

9-1 新しい提案書
10年間の運用イメージ
特性をつかむ
時系列の運用イメージ
プロセスアプローチ
パターナリズム

9-2 積立投資の価値とは
日本の投資家は恵まれていない
定量価値だけで長期投資は浸透しない
必要なのは定性価値の啓蒙
あなたに積立投資で成功してほしい

さいごに

ページのトップへ


著者:星野泰平(ほしの・やすひら)

1981年生まれ。埼玉県立浦和高校、信州大学経済学部卒業。日本インベスターズ証券に役職員 3位株主として資本参画し、同社の事業譲渡後に独立。社団法人世界つみたて投資協会代表理事を務める。「世界中の投資家の値下がり不安を取り除き、世界の人たちの資産形成に貢献する」というミッションを掲げ活動中。著書に『半値になっても儲かる「つみたて投資」』(講談社+α新書)、英語版『Tsumitate Investment; Lucrative even at half price』がある。

・ウェブサイト⇒ http://yasuhoshi.me/


関連書籍・DVD


ETF

グローバル化時代の資産運用

海外ファンドのポートフォリオ

なぜ株価は値上がるのか?

老荘に学ぶリラックス投資術

投資家が大切にしたいたった3つの疑問

チャートで見る株式市場200年の歴史

トレーダーズショップから送料無料でお届け


ウィザードブックシリーズ - 現代の錬金術師シリーズ - パンローリングライブラリ -
ウィザードコミックス
- 電子書籍 - 投資セミナーDVD - オーディオブック -
トレーダーズショップ 日本最大の投資家向け専門店
-
Copyright (C) Pan Rolling, Inc. All Rights Reserved.