パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

ウィザードブックシリーズ Vol.35

パンローリング発行書籍indexへ  ウィザードブックシリーズ一覧へ



ヘッジファンドの帝王
ウォール街を勝ち上がった男の光と影

定価 本体 1,400円+税/四六判 432頁
ISBN 4-7759-7065-8 2033

著者 マイケル・スタインハルト
訳者 奥脇省三


目次 | 謝辞 | 第一章 ある電話

あのジョージ・ソロスも推薦!

「マイケル・スタインハルトは上昇相場も下降相場も乗り切って、自分自身にも顧客の投資家にも大成功をもたらした。1995年に自分のファンドを解散してからは、慈善事業の分野でさらなる成功を続けている。
しかし、スタインハルトでもっとも感動的なのは、その努力もさることながら、その精力的な推進力である。この本は、ある男の心の奥底と成功、人生への動機を見ることができる極めて読み応えのある本である」
――ジョージ・ソロス

『マーケットの魔術師』のひとりが語る。その人生、その戦略、その希望!

プレジデント社『フォーブス・ジャパン』創刊号に、「ヘッジファンドの帝王の復活劇」として、マイケル・スタインハルトの記事が掲載されました。

 もし20世紀におけるウォール街の歴史が正式に書かれるならば、その2〜3 ページがマイケル・スタインハルトに割かれるのは間違いない。この「街」の歴 史のなかで、もっとも成功したファンドマネジャーのひとりであるスタインハル トは、マーケットのいかなるベンチマークよりはるかに高い平均年間利益率3 0%を達成し、同業の仲間たちよりも優秀な成績を収めた。ヘッジファンド運用 者として30年に近いその在職中に、彼は顧客である投資家と自分自身のために 巨万の富を築き上げた。彼の主要ファンドであるスタインハルト・パートナーズ LPが設立された1967年に、そのファンドに1ドル投資していれば、彼が資 産運用活動から引退した1995年には481ドルになっているという。 
 この本のなかで、マイケル・スタインハルトは自身を歴史に残るヘッジファン ド運用者に仕立て上げた投資戦略のいくつかを解説している。そのなかには、産 業アナリストとして、また究極の銘柄発見者としての技術の核心も入っている。 マーケットの一般的なトレンドに逆らって投資を行うのはいつであるべきか、こ れを察知する彼の超人的な能力――古いタイプの優良顧客からは必ずしも高い評 価は得られなかった能力だったが――によって、最高の成功例がいかにして数多 くもたらされたかについても、彼は書中で明らかにしている。また、彼はもっと もセンセーショナルな成功例をいくつか詳しく述べている。そのなかには、全投 資を債券に賭けた1981年の重大な決断も含まれている。また本書では、良い ことばかりを述べていない。数は少ないが、苦痛に満ちた失敗例も詳しく述べて いる。その例として、1990年代半ばに行った、世界的なマクロマーケット進 出の大失敗が述べられている。

 この本はまた、ベンソンハースト出身の一少年が無一文の状態から大富豪に出 世した物語であり、その少年がブルックリンの街頭からウォール街へのし上がっ た物語でもある。スタインハルトの人生観や成功観を作り上げるのに影響した事 柄を物語調で語っている。また、株式投資をどうしてこんなに愛するようになっ たかについても述べている。さらに彼は、富を得た後に人生の目的を持つ必要性 を考え始める過程を記録し、その目的がいかにして彼に引退の決意を固めさせ、 彼のエネルギーを別の方向に向けていったかについて書き記している。読者はこ の本から、10年近い民主党指導者会議の議長としての経験やユダヤ人社会を強 化するために彼が行った革新的な考え方、野心的な計画を知ることになる。
 ウォール街の天才かつ世界的な慈善家が書いた人の心を鼓舞する実話として、 この本は金融のプロにとってもまた人間の本質を学ぶ人たちにとっても忘れがた い読み物である。



原書名『NO BULL : My life in and out of the markets

著者/マイケル・スタインハルト(Michael Steinhardt)

マイケル・スタインハルトはウォール街の歴史のなかでも、もっとも成功したファンドマネジャーのひとり。彼はまた慈善活動、特にユダヤ人社会における慈善活動によって広く知られている。その顕著な例は、チャールス・ブロンフマンとともに「イスラエル・バースライト計画 (Birthright Israel)」を創設したことだった。その計画とは、ディアスポラ(イスラエル以外のユダヤ人居住国)に住むすべてのユダヤの若者に、無料でイスラエルへの学習旅行の機会を提供することを目的としたものである。


訳者/奥脇省三(おくわき・しょうぞう)
1937年生まれ。1961年に横浜市立大学商学部を卒業して山一証券に入社。山一国際有 限公司(香港)、国際金融部次長、山一ミドル・イースト社長などをつとめた後、1985年より太平洋証券に転籍。国際引受部長。国際営業部長などを経て、1998年に退職。 キリスト教関係の翻訳や通訳をしているが、証券関係の文献、小説などの翻訳をして行きたいと考えている。主な訳書に『グリーンブラット投資法』などがある。


目次

第一章 ある電話 (立ち読みページ)
第二章 ベンソンハースト
第三章 四七丁目の大物
第四章 アイビーリーグ、兵役、ウォール街
第五章 ウォール街で一番もてはやされたアナリスト
第六章 スタインハルト・ファイン・バーコビッツ社
第七章 ジュディ
第八章 独創的な発想
第九章 引退そして復帰
第一〇章 動物園と映画
第一一章 一九八七年の大暴落
第一二章 スタインハルト流
第一三章 政治とのかかわり
第一四章 人生最悪の年
第一五章 スタインハルト退任!
第一六章 父の死
第一七章 二つの河
訳者あとがき

■関連書籍


株デビューする前に
知っておくべき
「魔法の公式」

ヘッジファンドの魔術師

高勝率トレード学のススメ

ヘッジファンドの売買技術


Topへ