パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

カジノブックシリーズ Vol.10

パンローリング発行書籍indexへ  カジノブックシリーズ一覧へ



オンラインポーカーで稼ぐ技術 (下)
――世界最高ランクのプレイヤーに学ぶ賭けの考え方と確率の考え方





『オンラインポーカーで
稼ぐ技術 (上)』
好評発売中!!


2012年6月発売
ISBN 978-4-7759-4910-8 C0076
定価 本体2,800円+税
A5判 ハードカバー 400ページ

著者 エリック・リンチ、ジョン・ターナー、ジョン・ヴァン・フリート
訳者 松山宗彦




目次 | 著者紹介 | 関連書籍

トーナメントのインザマネーからヘッズアップまでのハンドを徹底解説

オンラインポーカーニュース

オンラインポーカーの世界の物語を描いたドキュメンタリー映画 『Bet Raise Fold』が公開されました。PokerStrategy.com様によるレビューはこちら

映画 Bet Raise Fold

本書はニュースクールのプレイ方法を解説して大好評だった『オンラインポーカーで稼ぐ技術』のシリーズの第2巻だ。 このシリーズの最大の特徴は、3つの異なるプレイスタイルを目の当たりに出来るということだ。3人のプレイヤーはトーナメントやテーブルでの特定の状況に自分を合わせてギアを変えてプレイすることができる。プレイスタイルの違い以外にも、彼らの思考のプロセス、賭けの考え方や確率の考え方、文章のスタイルの違いもまた、見て取ることが出来るだろう。3人のそれぞれのセクションは、本書をとてもユニークなものにしてくれるはずだ。

『オンラインポーカーで稼ぐ技術 上』では、入賞バブルに至るまでのハンドが取り上げられていた。ほとんどのハンドは、様々なトーナメントでのハンドが独立して取り上げられていた。 この『オンラインポーカーで稼ぐ技術 下』では、インザマネー(入賞)からヘッズアップ(1対1)までのハンドに焦点を当てて行く。

下巻ではそれぞれの著者は、1つのトーナメントだけを取り上げて、その中でカギとなったハンド全てについて検討していく それぞれが1つのトーナメントだけを取り上げることで、ライゼン、パールジャマー、エイプスタイルズらのそれぞれの対戦相手に対する認識が、自分の決定にどのように影響するか読者は見て取れるだろう。

簡単に彼らの戦績をおさらいしておこう。

◆ライゼン
・ライブ、オンライン両方で世界トップレベルのトーナメントプレイヤー
・獲得賞金総額250万ドル
・WSOPで7回の入賞
・300回以上のファイナルテーブル進出
・50回以上の優勝経験

◆パールジャマー
・チャンスを待つリスク管理の達人
・年間最優秀インターネットプレイヤー賞受賞
・獲得賞金総額200万ドル
・600回以上のファイナルテーブル進出

◆エイプスタイルズ
・アグレッシブにゲームのギアを変える戦略家
・トリプル・クラウン・アワードを2度受賞
・獲得賞金総額200万ドル
・350回以上のファイナルテーブル進出
・70回以上の優勝経験


■目次

・序文
・イントロダクション
・ジョン・パールジャマー・ターナー
・エリック・ライゼン・リンチ
・ジョン・エイプスタイルズ・ヴァン・フリート
・用語集


■原書 『Winning Poker Tournaments One Hand at a Time Volume 供



■著者紹介

◎エリック・ライゼン・リンチ(ERIC "RIZEN" LYINCH)
エリック・ライゼン・リンチはライブ、オンラインの両方で世界でもトップレベルのトーナメントプレイヤーと見なされている。ワールド・シリーズ・オブ・ポーカーへの参戦歴わずか2年目にして、彼は7回の入賞を果たし、2位と3位も獲得している。2006年のメインイベントでは26位に入り、$494,000を獲得しており、これが現在までの彼の最高獲得額である。ライブ・トーナメントでの生涯獲得賞金額は、間もなく100万ドルを突破する見込みである。 オンラインでは、エリックは50回以上の優勝を果たしており、ファイナルテーブル進出は300 回に及ぶ。獲得賞金総額は150万ドル以上である。2007年にはあるメジャーなサ ンデートーナメントで、何千人もの参加者たちを打ち破って優勝し、$156,000の賞金を獲得している。エリックは人気ブログ(www.rizenpoker.com)の主催者でもあり、また「ブラフ」誌にコラムも寄稿しているる。

◎ジョン・パールジャマー・ターナー(JON "PEARLJAMMER" TURNER)
パールジャムドのスクリーンネームでも知られている、ジョン・パールジャマー・ターナーは、オンラインでの凄腕プレイヤーとして名を馳せているが、ポーカーを始めたのはノースカロライナ州ローリーやラスベガスでのライブゲームを通じてである。彼は2007年の「年間最優秀インターネットプレイヤー」賞を受賞しており、2006年にも3位に選ばれている。(www.IntenetPokerRankings.com)彼はwww.PocketFives.com でのランキングで常に トップ10にランクインし続けている。 過去2年に渡り、パールジャマーはオンラインプレイで見事な成績を収めてきた。優勝は100回以上、ファイナルテーブル進出は600回に及び、獲得賞金は200万ドル近くにもなる。2007年には、あるメジャーなサンデートーナメントで2位に入り、現在までの最高獲得額である$100,000を手にしている。

◎ジョン・エイプスタイルズ・ヴァン・フリート(JON "APESTYLES" VAN FLEET)
ジョン・エイプスタイルズ・ヴァン・フリートは2004年に大学を卒業した後、プロとしてプレイし始め、オンラインポーカーのランキングを素早く駆け昇ることとなった。2006年と2007年にはwww.InternetPokerRankings.com でトップ20にランクインしてい る。彼はwww.PocketFives.com でも常に上位にランクインしており、トリプル・クラウン・アワードを2度受賞している。 ジョンのオンライントーナメントの獲得賞金総額は200万ドル近くに及んでおり、350回以上のファイナルテーブル進出と、70回以上の優勝を果たしている。現在までの最高獲得賞金額は、あるメジャーなサンデートーナメントで2位に入賞した時の$135,000である。


■WSOP NEWS!!

2011年のWSOPの優勝者が決定しました! ドイツ人のピウス・ハインツさんが、世界85カ国6800人超の参加者を破り優勝! 870万ドル(約6億7,700万円)で歴代3位の優勝賞金を獲得。参加者のあこがれ優勝ブレスレットも手にしました!

WSOP Main Event
年度プレイヤー年齢(優勝時)賞金(百万ドル)出身、生涯獲得賞金額
2011ピウス・ハインツ228.7ドイツ、$10,000,000
2010ジョナサン・デュハメル238.9カナダ、$9,500,000
2009ジョー・キャダ218.5アメリカ、$8,550,000
2008ピーター・イーストゲート229.1デンマーク、$10,900,000
2007ジェリー・ヤン--8.25アメリカ、$8,263,393



■序文

 あなたには、自分のプレイを次のレベルへと引き上げる、心の準備はできているだろうか? 本書は、今日のポーカーで最も輝いている3人―エリック・ライゼン・リンチ、ジョン・パールジャマー・ターナー、ジョン・エイプスタイルズ・ヴァン・フリート―の心の中をあらわにするものだ。この本では、世界最高レベルの3人のプレイヤーが、ポーカーのハンドの最初から終わりまでどう分析、解剖していくかをお見せする。

 本書がポーカートーナメントを扱った他の本と異なるのは、いったい何だろうか? 第一に、彼ら3人がいかほどのプレイ経験を積み重ねてきているかを知れば、その量に圧倒されるであろう。ライブのトーナメントを専門にプレイするプロが参加するトーナメントの数は、1年にせいぜい100試合ぐらいのものだろう。だが、彼ら3人は、それぐらいの試合数なら1週間でこなしてしまうのだ! 合計すると、彼らがプレイしてきたトーナメントの数は50,000を超えており、ファイナルテーブル進出は1,800回以上、メジャーな大会での優勝も300回を上回り、獲得賞金は総額で1,000万ドルを超えているのだ! 第二に、これが最も重要なのだが、本書はポーカーのハンドをいかにしてプレイするかについて述べたものであるということだ。

 理論やコンセプトというものは、上手いポーカープレイヤーとなるうえでの基盤となる。これらを教授する本は多数出版されており、理論的な知識の確固たる基盤を作り上げるのに役立っている。だが、そういう基盤を作り上げた後には、それらの理論をどう実践に生かしていくかということが必要になってくる。本書は、世界最高のプレイヤーの思考プロセスを見せることで、読者をトーナメントでの成功へと導こうとするものだ。そこでは彼らが個々のハンドのみならず、プレイの全体像をシナリオとしてどう分析しているのかをそのまま見ることができるのだ。

 本書の形式は、ジム・ブリアーとボブ・シャフォン著、『ミドルリミットホールデム』に触発されたものだ。そこでは、理論がどう実践に結びついていくかが、何百ものハンドの例を通じて解説されている。私はこの形式こそが、ポーカーを教え、学ぶためのものであると信じている。ポーカーを上手く教えるには、豊かな経験がなくてはならない。だが、経験だけでは、ポーカーの素晴らしい教師や本の著者にはなれない。真のエキスパートがその他のプレイヤーと異なるのは、彼らは自分の意思決定のプロセスを正確に記述することができ、個々のハンドをプレイするうえで何をどう考えたかを完全に明らかにできるという点にあるのだ。

 この『オンラインポーカーで稼ぐ技術』のシリーズは、ポーカーに関する文献へのユニークな貢献である。このシリーズを読めば、手堅く成功を収め続けているトーナメントプロの知恵を学ぶことができ、それによって、時間、金を節約でき、そして何年にも及ぶはずだったフラストレーションの日々から解放されることだろう。

マシュー・ヒルガー



■イントロダクション

〜本書はいかにしてできあがり、あなたに何をもたらしてくれるのか〜

 おそらく皆さんはすでに上巻をお読みになっていて、この本がどのようにしてできあがったかについての経緯についてはある程度分かっていただいていると思う。そうでない方々のために、このシリーズがどのように始まったかについて簡単に述べて、そのうえで下巻が上巻とどう違うのかについて話したいと思う。そして最後に、2010年に出版予定の3巻目について触れておくことにする。

 2007年のことだが、私はエリック・ライゼン・リンチと初めて会って、出版のプロジェクトの可能性について話した。私はライゼンの「ハリントンを越えて」と題された記事を読んで、彼の明快な文章と、新しいアイデアや概念について述べる力に感銘を受けていた。オンライントーナメントをメインとするプレイヤーによる本というのは、私の出版社が扱うものとしてふさわしいものだと思われた。

 エリックとコンタクトを取り、それが実り多いミーティングへとつながったとき、このシリーズが形となり始めた。エリックと私はプロジェクトに関するブレインストーミングの中で、ほかに参加すべき著者として誰がふさわしいかを話し合った。エリックが最初に推薦したのが、ジョン・パールジャマー・ターナーだった。
 私はパールジャマーとエリックにそれぞれ、共著者としてふさわしいプレイヤーの短い候補者リストを作るように頼んだ。喜ばしいことに、両方のリストのトップにきたプレイヤーが、ジョン・エイプスタイルズ・ヴァン・フリートだったのだ。  本書から得られる恩恵のうちのひとつが、3つの異なるプレイスタイルを目の当たりにできるということだ。3人のプレイヤーはトーナメントやテーブルでの特定の状況に自分を合わせることができる。それに彼らは皆、複数のギアを持っているが、それでも、パールジャマーはやや保守的なアプローチでゲームに臨み、エイプスタイルズは、特定の状況に合わせる必要がない限りは、アグレッシブな線でプレイしたがる。ライゼンはちょうどその中間に位置する。
 プレイスタイルの違い以外にも、彼らの思考のプロセスや、文章のスタイルの違いもまた、見て取ることができるだろう。3人のそれぞれのセクションは、本書をユニークなものにしてくれるはずだ。

 上巻をまだお読みでない方に申し上げておくと、上巻では、入賞バブルに至るまでのハンドが取り上げられていた。ほとんどのハンドは、さまざまなトーナメントでのハンドが独立して取り上げられていた。唯一の例外がエイプスタイルズで、自分のセクションの一部で、ひとつのトーナメントでのバブルの場面でプレイした24ハンドを取り上げていた。下巻では、インザマネー(入賞)からヘッズアップ(1対1)までのハンドに焦点を当てて行く。

 この下巻では、上巻とは違ったアプローチを取っている。この巻ではそれぞれの著者は、ひとつのトーナメントだけを取り上げて、その中でカギとなったハンド全てについて検討していく。トーナメントの終盤まで生き残った場合、相手のプレイスタイルについてできるだけ知っておくことが肝心である。それぞれがひとつのトーナメントだけを取り上げることで、著者たちはそれぞれの相手に対する認識が、自分の決定にどのように影響するかをお見せすることができるのだ。

 上巻の中で特に評判が良かったのが、「20の共通ハンド」で、私がプレイしたハンドから選んだものを、3人の著者たちが、彼らならどうプレイしたかをコメントしたものであった。ここでは、3人のトッププレイヤーがそれぞれのプレイスタイルに従って行くと、違った結論に達し得るのだということを、はっきりと指し示していた。
 このセクションは、大好評だったので、3巻目は全てこの共通ハンドに費やすことにしている。そこで選ばれるハンドは全て、我らがヒーローがトーナメントで入賞を果たした後でのものである。というのも、その段階でどうプレイするかというのは、トーナメントプレイヤーとして成功を収めるうえでとても重要だからだ。
 今回は次巻の発売まではお待たせしないということをお約束する。いまの計画では3巻目は2010年の後半には出版できる予定である。

 彼らトッププレイヤー達と一緒に仕事ができたおかげで、私自身のプレイも大きく進歩することができた。彼らと一緒に仕事を始めて以後、1年の間に2つのトーナメントで優勝することができ、そのどちらも参加者が3,500を超えるものだった(うちひとつは10,000人を超えていた)。優勝したもののひとつは、750K保証トーナメント(賞金総額$750,000以上が保証されたトーナメント)で、$132Kという賞金を手にすることができたのだ。
 この本を読めば、あなたにもそれが手にできると保証はできるか?そこまでは保証できないが、初心者から中級者、上級者に至るまで、本書に盛り込まれている教えを学びとれば、ゲームの上達に役立つということだけは、確信している。彼ら3人は、プレイヤーの中でも厳選された一握りであり、最高のプレイヤーなのだ。トッププレイヤーにコーチしてもらえるチャンスなどそうあるものではない。本書を読んで学ぶことは、トーナメントポーカーの上級クラスに出席するようなものなのだ。

 忘れないでほしいが、ポーカーをプレイすることは楽しいものだが、勝てればもっと楽しいものになる。勝者になるために、世界最高のプレイヤーがどうプレイするかを学ぶ以上の方法なんて、ほかに誰が思いつくだろうか?

マシュー・ヒルガー



■関連書籍


オンラインポーカーで稼ぐ技術 (上)

確率の考え方

賭けの考え方

ガス・ハンセンのポーカーミリオンロード

フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編

フィル・ゴードンのポーカー攻略法 実践編

ポーカー教室

トーナメントポーカー入門



ウィザードブックシリーズ - 現代の錬金術師シリーズ - パンローリングライブラリ -
ウィザードコミックス
- 電子書籍 - 投資セミナーDVD - オーディオブック -
トレーダーズショップ 日本最大の投資家向け専門店
-
Copyright (C) Pan Rolling, Inc. All Rights Reserved.