パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

発行書籍一覧 > パンローリングライブラリー一覧 > /


図解 コンサルティング力養成講座 [青本]

仕事筋シリーズ 5
図解 コンサルティング力養成講座 [青本]

著者 斎藤広達
定価 本体700円+税
文庫判 288頁
2008年5月14日発売
ISBN 978-4-7759-3053-3 C0133



目次 | 例題1-2 (PDFファイル 0.73MB) | 文庫化にあたって

ビジネスインパクトを創出する思考パターンを20の事例で体得!
顧客の信用を失う大失態が明るみに!
今後の“体質改善”も含め、どう対応すべきか?

トラブルや課題が生じないビジネスなどない。日々の業務のなかで、個人としての業務効率を上げることも重要だが、組織として現状を分析し、戦略を考え、迅速に決断を下すには、経験だけでは太刀打ちできない判断力が必要になる。業務改善策やトラブルシューティングですら、選択を間違えればビジネスの結果を大きく変えてしまうのだ。 本書はケーススタディをとおして、コンサルティング力を鍛え、実務で生かせる思考パターンを実践的に学べるように例題と選択肢で解説している。実際に起きた事例をもとに、あなたのビジネス力をさらに鍛え上げてほしい。



←クリックしていただくと、紹介ページにとびます。

7月31日、『J-WAVE GOOD MORNING TOKYO』に、斎藤広達氏が出演されました!

著者コメント

新規事業の立ち上げや将来を踏まえた経営戦略、はたまた人材の管理まで、ビジネスシーンには課題がつきものです。 企画立案や分析、トラブルシューティングといった場面で、皆さんは常に考え行動に移していることでしょう。しかし、その過程で「もっと効率的に分析・決断を下せたのではないか…」「もっと違う成果を上げられたのではないか?」と思ったことはありませんか?

本書はコンサルティング力を身につけて、戦略的な分析や決断を行いたいと考えている方に、実際に起きた事例を題材にして、使えるフレームワークを体得できるように工夫しました。

実例を用いた図解や、4つの選択肢で何故その解答が正しいのかを説明することで、みなさんのビジネスシーンに置き換えて考えていただけるように解説しています。いまよりもさらに仕事力を高めて、ぜひ世界で通用するビジネスパーソンへと進化を遂げてください。

※本書は飛鳥新社より2005年に発刊された『ビジネス力養成講座 最新MBAエクササイズ26題』を文庫化にあたり、加筆・編集、改題したものです。



目次

第1章 思考法、意思決定
1)新規事業の成否はフタを開けてみなければ分からない。進出か撤退か。何を拠り所にすべき?
2)顧客の信用を失う大失態が明るみに! 今後の狢亮漸善瓩盍泙瓠△匹β弍すべきか?(立ち読み)
3)課題は商品開発や顧客層の拡大。今ここにないニーズをどう探し出せばよい?
4)国内のみでは収まらない企業活動の国際化。海外進出にあたり、どんな方法を取る?


第2章 ビジネス戦略
1)そこそこ健闘の主力商品、新商品や別業態開発に取り組まずとも目先を変える方法はある?
2)自信を持っている商品・サービスなのに、ダンピング競争に巻き込まれそう。値下げで対抗か、別の手を講じるか?
3)現在計画中の新規事業では、許認可を含めた「お上」の規制がネック。進出か撤退かの判断は?
4)ようやっと我が社にも営業支援ツールが導入された。営業部全体の業績アップに役立つ利用法とは?
5)全社的な情報共有に成功し顧客ニーズは満たすものの、大ヒット商品が出ない。今後の商品開発戦略は?

 
第3章 部下・人材管理
1)人員整理で同僚課長が減少。なのに部下が倍増で仕事は急増! 現状を打破するには?
2)会議やミーティングがムダな時間の筆頭に? 退屈な時間ナンバー1を有意義な場にするには?
3)新市場への参入が決定。最強のプロジェクトチームを組織するための人材獲得作戦とは?
4)優秀な若手社員の人材流出が絶えない! 引き留めに効果的な防止策はあるのか?
5)営業部門強化のため親会社から子会社へ。非協力的な部下をどう巻き込むか?

第4章 キャリアアップ
1)幸運にも(?)複数のヘッドハンターから転職の誘いが! 現社への残留も含め、どう考えるか?
2)社内公募で希望部署に行ける可能性が! 後腐れなくキャリアアップするための準備とは?
3)敵対的買収により会社のオーナーが交代! このまま残るべきか、思い切って独立するか?
4)異動後の仕事は自信ありだが、英語は大の苦手。外国人上司の下、効率的なビジネス英語習得法は?

第5章 自己実現
1)転職市場から幹部候補が大量入社? 自己ブランド化に必要なプロセスとは?
2)今は業界最大手だが安泰の保証はない。キャリアのリスクヘッジをどうすべきか?

文庫化にあたって

著者紹介/斎藤 広達 (さいとう・こうたつ)

1968年東京生まれ。慶應義塾大学を卒業後、エッソ石油(現エクソンモービルマーケティング)に入社し、主にマーケティング関連の業務に従事。シカゴ大学経営大学院修士(MBA)取得後、ボストン・コンサルティング・グループ、シティバンク、ローランド・ヘルガーを経て、現在はゴマ・ホールディングス、取締役社長。 著書に『図解 コンサルティング力養成講座』『MBA的発想人』『MBA的仕事人』『図解MBA的発想人 課長力養成講座』(パンローリング)、『パクる技術』『失敗はなかったことにできる』(ゴマブックス)、『MBA的「無駄な仕事」をしない技術』(青春出版社)などがある。

取材・執筆協力/清水泰(しみず・ゆたか)

明治大学卒業後、日刊ゲンダイ記者を経て、マスコミや談合問題などに取り組むフリーライターへ。98年より転職雑誌への執筆を始め、2003年4月に(有)ハッピー・ビジネスを設立。共著に『コンサルタント独立開業ガイド』(ぱる出版)、執筆・編集協力に『図解 コンサルティング力養成講座』(パンローリング)、『転職の青本』『14歳からの政治2』(ゴマブックス)などがある。



文庫化にあたって

 最近、「○○力養成講座」というタイトルの本を、書店で見かけることが多くなりました(私も何冊か出してます……笑)。売行きが良い本も多いようです。それにしても、こういった堅苦しいタイトルのビジネス書が受け入れられるというのは、とても素晴らしい傾向だと思います。

 さかのぼること約3年前、2005年4月に、『ビジネス力養成講座 最新MBAエクササイズ26題』(飛鳥新社)という本を出版しました。本書の原版です。当時ビジネス界をにぎわしていた身近なケースをクイズ形式で解説する、問題集的なスタイルの本に仕立てました。読者の方に気に入ってもらえたようで、増刷されるぐらいのヒット作になったのを覚えています。
 とはいえ、「養成講座」と冠のついた、ストイックでボリューム満載の大判本。これを教科書に勉強された方が大勢いたというのは、ちょっとした驚きでした。それだけ、進化を渇望している向上心の高い方が多かった、ということなのだと思います。やっぱり日本人のレベルは高いと実感させられますね。   学ぶ意欲があるビジネスパーソンは進化します。受身ではなく、自分から問題を解く姿勢を持って本と対峙することで、“脳みそが活性化”されるのです。別の言い方をするなら、答えを選び出すためには考えるプロセスが不可欠。また、考えるためには、その手法と材料である知識が必要になります。こうした一連の流れで脳が進化することを念頭に置くと、問題集というスタイルは、まさに学習手法の正解なのかもしれませんね。
 コンサルティング会社では、日々の業務がまさにこの本のケーススタディそのものです。数週間から数カ月ごとに、新しいプロジェクトで答えを考え出すことが求められます。クライアント企業の基本情報は短期間で吸収するのは当たり前、そのうえで考えるテクニックを駆使して答えを導き出せるかが勝負なのです。
 そんな濃密な時間を過ごすからこそ、コンサルティング会社で経験を積むと、短期間でビジネスパーソンとしての基礎体力を身につけることができるのだと思います。

 今回の文庫化にあたっては、この「濃密感」を意識して編集作業を進めました。ページ数の制約もあり問題数も26題から20題に減らしましたが、もともと『ビジネス力養成講座』は、情報量も問題数も多くてお腹一杯……といった読者の方の意見が多かったので、ボリューム感にも考慮しました。現場感のある身近なケースを題材に、短時間で考える力を養成できるような本に仕上げたつもりですが、読者の皆さんの感想はいかがでしょうか?
 「さっと読めて、ごりごりと頭を回転させられて、運動後のような爽快感を味わえた本」そんな印象を持ってもらえたら嬉しいなと思います。それこそが、「仕事筋トレーニング」と銘打った本シリーズの狙いなのですから。
 日本のビジネスパーソンが急速に、しかも飛躍的に進化することを願って、また次作の執筆に取り組もうと思います。
 2008年5月               斎藤 広達


仕事筋シリーズ


仕事筋シリーズ 1
図解 コンサルティング力
養成講座

仕事筋シリーズ 2
MBA的発想人

仕事筋シリーズ 3
MBA的仕事人

仕事筋シリーズ 4
図解MBA的発想人
課長力養成講座

仕事筋シリーズ 6
図解 サラリーマンの決定力講座

仕事筋シリーズ 7
会社を継いだ男たち


ウィザードブックシリーズ - 現代の錬金術師シリーズ - パンローリングライブラリ -
ウィザードコミックス
- 電子書籍 - 投資セミナーDVD - オーディオブック -
トレーダーズショップ 日本最大の投資家向け専門店
-
Copyright (C) Pan Rolling, Inc. All Rights Reserved.