パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

発行書籍一覧 > パンローリングライブラリー一覧 > /


図解 サラリーマンの決定力講座

仕事筋シリーズ 6
図解 サラリーマンの決定力講座

斎藤広達
定価 本体700円+税
文庫判 192頁
2008年6月9日発売
ISBN 978-4-7759-3056-4 C0134



目次 | はじめに | 立ち読みページ(第1章-4)

(指令)3年間で収益を2倍にせよ

A値下げ攻勢戦略 B高品質化戦略――AとBを比較して正しい戦略を選べ

ビジネスのスピードは加速度的に速まり、数カ月であっという間に状況が変わる時代になった。大衆の興味と合致し、いきなりのメガヒットが生まれたと思えば、数ヵ月後にはその存在すら忘れられる。商品・製品だけにとどまらず、個人を取り巻く環境ですら1・2年先にはどうなっているか分からない。 だからこそ、スピード感のある意思決定が必要なのだ。しかし、先を見とおし、必要以上の不確定要素まで検討材料にふくめれば、頭も目的も混乱し、スピードが鈍ってしまう。 適切で早急な意思決定を下すには、目的をクリアにし、かつ構造をシンプルにすることが重要だ。本書で目的までの自然な意思決定へのプロセスを見つける術を体得してほしい。


――著者コメント――

ビジネスにおいてもプライベートにおいても、人生には意思決定がつきものだ。確信を持って下した決断によって起こしたアクションが成功したときには、さらなる自信へとつなげてくれる。

しかし常に英断を下せるほど、目の前の課題は簡単ではない。いろいろな要素を組み入れ、さまざまなシチュエーションを検討したうえで決断を下したときには、ものごとは既に動きだして新たな局面を見せているかもしれない。より成功確率の高い意思決定を…と逡巡している時間は少ないのだ。さらに、一度下した決断ですら、時がたてば状況は変わり、軌道修正を余儀なくされ、新たな意思決定を必要とする。

変化の早いビジネスシーンでは、クリアにそして、スピーディーにかつ確実な意思決定を下すことが求められる。なぜなら、実際のアクションは常に意思決定の次に生じるもの。本書では、自ら考え、自ら意思決定し、自ら最高の結果を手に入れるアクションを起こすための術を、具体的な例を数多く使って紹介している。

また、人間の心理には本人にも気がつかないうちに働く『無意識のワナ(バイアス)』が存在する。バイアスの影響を認識しなければ、いくらロジカルな意思決定を下したとしても成功には到達できない。本書では、それらも併せて解説している。

※本書は、PHP研究所より刊行された『最強の意思決定』を、文庫収録にあたり加筆・再編集および改題したものです。




――目次――

はじめに

第1章 意思決定する内容をクリアにする 
1 そもそもの目的がクリアでない意思決定は、しないほうがマシだ
2 意思決定する内容の構造を明らかにすることがスタート地点
3 不確定要素と意思決定する内容をしっかりと切り離して考える
4 意思決定の要素に優先順位をつける (立ち読み)


第2章 「ロジック」を駆使して意思決定する
1 オプション比較でクリアな意思決定をする
2 不確定要素(リスク)の性質を理解しておく
3 意思決定ツリーで、次の一手まで見とおしておく
4 不確定要素が想定以上に振れたときは、すぐに意思決定し直す
5 意思決定を遅らせることで生まれる価値もある

第3章 「無意識のワナ」による、誤った意思決定を避ける
1 視点が変わると評価はがらりと変わる
2 慣れは怖いものだ
3 最初と最後の印象は強い
4 代表例だけで意思決定をするのは危険
5 分かりやすいものだけで判断するのが人間の性
6 勝手に思い込んでしまわないように
7 幻想の因果関係には要注意
8 無意識の自信過剰が判断ミスのもと
9 結果を重視しすぎると、大事なものを見落とす
10 サンクコストは判断材料から外す
11 過去の経験に引きずられすぎない

文庫化にあたって


――著者紹介――

斎藤 広達 (さいとう・こうたつ)
1968年東京生まれ。慶應義塾大学を卒業後、エッソ石油(現エクソンモービルマーケティング)に入社し、主にマーケティング関連の業務に従事。シカゴ大学経営大学院修士(MBA)取得後、ボストン・コンサルティング・グループ、シティバンク、ローランド・ヘルガーを経て、現在はゴマ・ホールディングス、取締役社長。
著書に『図解 コンサルティング力養成講座』『MBA的発想人』『MBA的仕事人』(パンローリング)、『ビジネス力養成講座』(飛鳥新社)、『パクる技術』『失敗はなかったことにできる』(ゴマブックス)、『MBA的「無駄な仕事」をしない技術』(青春出版社)などがある。



はじめに

 サラリーマンの決定力を鍛える20問、一体どれくらい正解できるでしょうか?

 本書は、2003年6月にPHP研究所から出版した『最強の意思決定』に設問と解説を加え、より読みやすく生まれ変わったものです。選択肢から正解を選ぶタイプから事業価値を試算する問題まで、いくつかのパターンを用意しました。20の問題をクイズ感覚で解きながら、意思決定に必要なツールが体得できるようになっています。

 決定力を高めたい。自信を持って何をすべきか決定し、成功したい。ビジネスでもプライベートでも。普段からそう思っている読者の方は多いのではないでしょうか? ただ残念なことに、これまで決定力を高める手法を簡単に紹介した本は少なかったように思います。大仰に「意思決定論」を説いた分厚い専門書はあっても、軽く読めて、強力なツールが身につく本はほとんどありませんでした。
 今回、クイズ形式の書式にこだわった理由はそこにあります。できるだけ簡単に、遊び心を持って意思決定の手法を身につけてほしいと思います。この本で紹介する各種ツールを手に入れられれば、何かに悩んだときでも、かなり強力に「決定する」ことができるようになるのですから。

 本書の前半では、意思決定をするときに必要な視点や考え方について、順を追って体系的に解説していきます。シナリオ分析といった難しいツールも、できるだけ平易に理解できるよう工夫しました。本の後半では、何かを決定する際に、人がついつい陥ってしまう「無意識のワナ」を紹介しています。これらを知っておくと、間違った決定をしないで済みます。思わず「あるある」と頷いてしまう例が多いので、是非とも楽しみながら問題を解いてほしいと思います。

 それでは早速、最初の問題を見てみましょう!


関連書籍


仕事筋シリーズ 1
図解 コンサルティング力
養成講座

仕事筋シリーズ 2
MBA的発想人

仕事筋シリーズ 3
MBA的仕事人

仕事筋シリーズ 4
図解MBA的発想人
課長力養成講座

仕事筋シリーズ 5
図解 コンサルティング力
養成講座〔青本〕


ウィザードブックシリーズ - 現代の錬金術師シリーズ - パンローリングライブラリ -
ウィザードコミックス
- 電子書籍 - 投資セミナーDVD - オーディオブック -
トレーダーズショップ 日本最大の投資家向け専門店
-
Copyright (C) Pan Rolling, Inc. All Rights Reserved.