パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

ウィザードブックシリーズ Vol.135

パンローリング発行書籍indexへ  ウィザードブックシリーズ一覧へ


マーケットの魔術師【オーストラリア編】
――トップバリュー投資家が明かす株式市場で成功する秘密

2008年2月上旬発売
ISBN 978-4-7759-7101-7 C2033
定価本体2,800円+税
四六判 上製本 342頁
著 者 アンソニー・ヒューズ、ジェフ・ウィルソン、マシュー・キッドマン
監修者 長尾慎太郎
訳 者 井田京子


トレーダーズショップから送料無料でお届け 目次

トップバリュー投資家が明かす株式市場で成功する秘密

世界にはまだこんなすごいやつ(ウィザード)がいた!
バリュー銘柄で儲ける秘訣や発掘法がわかる!
バリューの神々たち!
オーストラリアのウィザードたちの素晴らしいサクセスストーリー!

本書はジャック・シュワッガーの名著『マーケットの魔術師』シリーズにならって、そのオーストラリア版をウィザードたちを紹介できないかという熱い思いから執筆される運びになった。初版は刊行直後から、まだ知られざるオーストラリアのマネーマネジャーたちの素晴らしいサクセスストーリーを知ろうと一般投資家やトレーダーたちが殺到したため、ベストセラーになった。オーストラリア株式市場で投資家として成功するまでにたどった経験や戦略、そして失敗をも語ってくれたウィザードたちは、この第2版でも2人を除いて今も健在である。このなかには、ロバート・メープル・ブラウン、デビッド・パラダイス、そしてダイナミックな2人組のロン・ブライアリー卿とゲーリー・ワイスもいる。

今回、偉大な投資家の仲間にピーター・ガイ、フィル・マシューズ、アンドリュー・シッソンの3人が新たなウィザードとして加わった。彼らを選んだのは、投票に応じてくれた15人のウィザードたちで、株式投資の現在と長期の実績に基づいて新しいウィザードを選んでくれた。

ここで取り上げたウィザードたちはこの2年間のブル相場にも優れた投資結果を上げてきた――ブル相場におけるバリュー投資は難しいと言われているにもかかわらずである。ただ、市場平均を大きく上回ったウィザードもいれば、ポートフォリオの大きな割合を現金で保有してきたウィザードもいる。彼らの下した投資判断の理由や、世界の投資環境、有望な中国やインドの新興市場などについて、今回もウィザードたちは詳細に語ってくれた。 これらの箴言の数々は、明日からすぐ実行に移せるものもあれば、今後数年間を支配するマーケットの大局観として心にとめておくべきものもある。とにかく、一般投資家やトレーダーたちにとって、ウィザードたちの一言一言が聞き逃せない大変参考になるものばかりであることは確かにである。


【オーストラリアのウィザードたち】

著者紹介

アンソニー・ヒューズ(Anthony J. Hughes)
オーストラリアン・ファイナンシャル・リビュー紙のコラム「ストリートトーク」の編集者。それ以前はシドニー・モーニング・ヘラルド紙に8年間勤務。

ジェフ・ウィルソン(Geoff J. Wilson)
ウィザードのひとりであり、共著者のひとりでもある。自ら設立したファンド運用会社であるウィルソン・アセット・マネジメントのマネジングディレクターで、証券業界の経験は25年にわたる。

マシュー・キッドマン(Matthew J. Kidman)
シドニー・モーニング・ヘラルド紙にジャーナリストとして勤務後、ウィルソン・アセット・マネジメントに転職。


原書
Masters of the Market : Secrets of Australia's Leading Sharemarket Investors 2nd Edition
by Anthony J. Hughes, Geoff J. Wilson & Matthew J. Kidman

目次

監修者まえがき
謝辞
著者について
まえがき
序文


第1章 フィル・マシューズ

信頼の足る銘柄に集中投資をし、三年間で資金を四倍にした「独自スタイルの雄」

第2章 ピーター・ガイ

グレアムとバフェットの信奉者で成長段階の初期にある小型株投資専門の「一匹狼」

第3章 アンドリュー・シッソン

大型株の保有高を加減して一七年間で資金を二七〇〇倍にした「銘柄選択の達人」

第4章 ロバート・メープル・ブラウン

保守的な立場で年平均一一・八%を二〇年続ける「バリュー投資のチャンピオン」

第5章 ロン・ブライアリー卿とゲーリー・ワイス

法や定款の抜け穴を見つけだし、一二年間で資産を一〇倍にした「華麗なる乗っ取り屋」

第6章 ジム・ミルナーとロバート・ミルナー

伝統と歴史を経て確立された投資原則をかたくなに守り抜く「誇り高き時代遅れ一家」

第7章 アレックス・ウエスリッツ

会社組織と経営陣を精査し、長期支援に耐えうる企業のみに投資する「ザ・チーフ」

第8章 ティム・ヒューズ

マーケットに訪れる憂うつと幸福の間をきらびやかに舞う「逆張りのメディア王」

第9章 エリック・メタノムスキー

徹底した調査から割安企業を見いだし、年平均二五%を一二年続ける「厳格なバリュー投資家」

第10章 ブライアン・プライス

一日中、寝る時間も惜しんでグローバル市場をトレードする「孤高の闘士」

第11章 デビッド・パラダイス

枯れることのないマーケットへの熱意で、五年で八億豪ドルの利益を上げた「小型株の天才」

第12章 アントン・タリアフェロ

マーケットが割高のときは適正価格に戻るまでひたすら待つ「一貫性のマスター」

第13章 ピーター・ホール

投資スタイルの進化のためには努力を惜しまない「物言うバフェット信者」

第14章 ジェフ・ウィルソン

トレーディングからバリューやグロースの長期投資まで何でもこなす「オールラウンドプレーヤー」

第15章 グレッグ・ペリー

二年間の沈黙を破り、新たなスタートを切った「グロース株選択のヒーロー」

第16章 ピーター・モルガン

小規模ファンドを一二年間で一三〇倍にした「尊敬される気難しがり屋」は一時休止中

まとめ
用語解説


■監修者まえがき

 本書は、オーストラリアのマーケットの魔術師を取材したインタビュー集の“Masters of the Market”第2版の邦訳である。「マーケットの魔術師」といえばジャック・シュワッガーによる『マーケットの魔術師』『新マーケットの魔術師』『マーケットの魔術師【株式編】』があまりにも有名だが、本書もそれらに劣らず秀逸なインタビュー集に仕上がっている。

 本書に登場するウィザードたちはそのほとんどがオーストラリアの株式を運用対象とする人たちであり、したがって、著者による巻末のまとめにあるとおり、マーケットの魔術師に対するインタビューを行うに当たっては少し難しい時期であった。なぜなら、世界的な好景気とそれを反映した資源価格の上昇によって、この時期のオーストラリアの株式市場は未曾有のブルマーケットにあったからだ。

 私たち日本人が1980年代後半に体験したように、あるいは多くの国の人が1999年にかけてのITバブルで体験したように、こういった実態価値を無視したブルマーケットにおいては、どんなボロ株でも理外の理でもって上がるために、真の技術や知識をもったウィザードとそうでない運用者との区別がつきにくい。さらには、パフォーマンスのみから評価すれば、この時期はより無謀でより浅慮なトレーダーほど、かえって良い結果が出せた時期でもあった。

 しかし、本書の著者たちはきわめて賢明かつ落ち着いた編集方針を貫いた。マーケットのボラティリティ上昇とそれによる狂気に惑わされず、堅実で長期的な視野に立って運用を行うウィザードたちのみを本書のインタビュー対象に選んだのだ。

 結果として、彼らのなかにはそのパフォーマンスがインデックスをアンダーパフォームしている場合もあるが、それでもなお自分のスタイルを貫き、じっと次のチャンスを待っている姿勢は、彼らがまぎれもなく本物であり、長期的には優れたパフォーマンスをあげるであろうと確信できる証左である。

 運用とは突き詰めていけばスタイルにまつわる信念の問題であり、自己の運用者としてのアイデンティティを確立しそれに伴う結果を出すには、より強く自分の信じるところに従って行動することでしかそれを証明する手段はないのである。その意味では、巨額の資金を運用するファンドマネジャーであれ、個人投資家であれ、運用者個人に課せられた克服すべき問題には本質的な差はないと言えよう。読者におかれては、ここに記されたインタビューを読むことで運用における一貫性を学んでいただけるものと思う。

 最後に、翻訳に当たっては以下の方々に心から感謝の意を表したい。井田京子氏には、正確な翻訳をしていただいた。そして阿部達郎氏には丁寧な編集・校正を行っていただいた。また、本書が発行される機会を得たのは社長である後藤康徳氏のおかげである。このインタビュー集が長く読み継がれ、版を重ねていけることを切に願う。

 2008年1月

長尾慎太郎


■著者について

 マシュー・キッドマンは、シドニー・モーニング・ヘラルド紙の元記者で、現在はウィルソン・アセットマネジメントでファンドマネジャーとして働いている。シドニー・モーニング・ヘラルド紙には四年間勤務し、メディアとテレコミュニケーションセクターの担当と、商業不動産部門の編集をしていた。一九九七年、彼はシドニー・モーニング・ヘラルド紙の投資部門の編集責任者に任命され、株式市場も担当するようになった。このとき、キッドマンはすでに同紙の看板記者のひとりになっていた。マッコリー大学では、経済学部と法学部という二つの学位を修得している。

 アンソニー・ヒューズは、オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー紙の「ストリートトーク」というコラムの編集者で、それ以前はシドニー・モーニング・ヘラルド紙に八年間勤務し、投資部門の編集者を務めていたこともある。彼は、金融サービス、メディア、テレコミュニケーション、商業不動産、建設など、ほとんどのセクターを担当した経験があるだけでなく、オーストラリアの四大銀行すべてや、テルストラ(電話会社)、BHPビリオン(石炭採掘)、ニューズ・コープ(メディア)、レンド・リース(開発会社)、ウールワース(小売)、マッコリー銀行、ウエスファーマース(木材チップ)、AMP(保険会社)を含む数多くの大手企業を取材している。それ以前は、ビジネス・クイーンズランド紙とビジネス・シドニー紙で二年間勤務している。クイーンズ大学でジャーナリズムの学位を修得し、セキュリティース・インスティチュート・オブ・オーストラリアの客員研究員も務めている。

 ジェフ・ウィルソンは、インタビューの対象でもあり、共著者でもある。自ら設立したファンド運用会社のマネジングディレクターを務めるウィルソンは、株式ブローカーやファンドマネジャーなど証券業界で二五年以上の経験がある。株式ブローカーとしては、イギリスのポッター・パートナーズ証券やニューヨークのマッキントッシュ・ホア・ゴベット証券などでも勤務している。一九九〇〜一九九七年には、プルデンシャル・ベーチェ証券のシドニー支店で機関投資家担当のエグゼキュティブ・ディレクターを務めた。このとき、彼は数多くのオーストラリアの上場企業に、株関連取引に関する助言を与えてきた。ラトローブ大学で理学士号を修得し、現在はセキュリティース・インスティチュート・オブ・オーストラリアの特別研究員も務めている。


■まえがき

 一九八五年、ニューサウスウエールズ州のネビル・ラン首相は、ニュージーランド出身の乗っ取り屋であるロン・ブライアリー卿と対決していた。ブライアリー卿は、最初は投資系のニュースレターを発行して、いくつもの上場企業を分析して儲けのチャンスを探していた。そして、彼が経営するインダストリアル・エクイティ社は、政府の規制で個人株主の保有は二%までとされているオーストラリアン・ガス・ライト・カンパニー(AGL)の株式を四一%買い占めるという驚くべき行動に出た。

 すでに廃刊されているサン紙の若い記者として、このまれに見る戦いを取材していたとき、私はブライアリー卿の法律顧問だったゲーリー・ワイスと初めて出会った。ワイスが率いていたチームは、AGL侵略に当たり、法律的、商業的ニュアンスを自在に操っていた。当時は、よく早朝にワイスと電話で話をしたものだが、彼がこれまで出会った投資家とはまったく違うタイプだということが次第にはっきりしてきた。

 ワイスの考えは非常に単純で、多くの企業の取締役は、やる気がないうえにたいていは横柄で、株主の利益を追求するために必要となる経営判断を下していない、というものだ。この考えは、ブライアリー卿と少人精鋭のアナリストチームによって、さらに磨きがかかっている。

 ワイスは投資判断を下す前に、綿密な調査と簡単には入手できない情報を基に、企業を分析する。取締役の経歴やコネ、競合相手、納入業者などまで考慮し、法廷では詳細まで手を抜かずにたぐいまれな手腕を発揮する。狙いをつける企業の多くはあまり目立たない人気のない銘柄で、投資判断には「手仕舞い」戦略も含まれている。ブライアリー卿の率いるチームの動きは、さまざまな業界再編のきっかけになることも多い。

 一九八〇年代は、ブライアリー卿とワイスが次々と大企業にかかわる案件を手がけていた一方で、ポール・キーティング首相が提唱した強制的な年金積み立て制度の導入が進み、ファンドマネジメント業界が台頭しつつあった。このような変化は、若いファンドマネジャーにとって巨額の資金を株式市場に投入する絶好の機会になった。彼らは銘柄リストを徹底的に調べ、狙いを定めた企業は大きく買って、経営陣や取締役会にリターンを出すようプレッシャーをかけた。

 投資にはさまざまな手法があるが、一流のプロの投資家には共通の特性がある。彼らは、詳細まで手を抜かず、入手した数字に対しては良い意味で懐疑的な目を持ち、狙いを定めたら大きく投資する。エクセルのスプレッドシートを駆使して企業の本質的な価値を算出できるファンドマネジャーはたくさんいる。しかし、これは簡単な部分で、これらの知識をうまく使って投資を成功させるスキルが投資の一番難しいところだ。

 オーストラリアのトップファンドマネジャーは、売買のタイミングを正しく判断するという投資の目に見えない側面を理解している。毎年、うまくいくものもいかないものも含めてさまざまなトレードチャンスがあるが、ほんの少数のエリートだけが、長期間にわたって平均以上のリターンを上げることができる。

 長年にわたり、株式市場でたくさんのプロの投資家からオーストラリアの上場銘柄に関する見解を聞いていると、トッププロはこれと思った銘柄を大きく買ったあと、すぐに次の買収先に狙いを定めるか、問題が起こる前に売却していることが分かる。

 また、成功している投資家は、マーケットの売り手であるブローカーに対しても常に懐疑的な目を持ち、彼らの「セールストーク」ではなく、自分の調査結果に基づいて判断を下す。特に、買収先の経営陣や取締役に対抗して、それもたいていは公の場で、マーケットで重要な役割を果たしている意欲的な投資家たちのことは強く印象に残っている。

 本書の著者に関して言えば、キッドマンとヒューズはシドニー・モーニング・ヘラルド紙の元記者で(私がかつて編集長を務めていた同紙のビジネスセクションに勤務していた)、この一〇年ほどはオーストラリアの大手企業と株式ニュースの取材にかなりの時間を費やしてきた。キッドマンは現在、ファンドマネジャーに転身して、ウィルソンとともにウィルソン・アセットマネジメントで活躍している。ちなみに、本書はこのウィルソンの構想がきっかけとなって執筆することになった。ヒューズは現在、オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー紙に毎日掲載されている「ストリートトーク」というコラムの編集者になっている。  株式投資を真剣に考えている人にとって、ワイスやタリアフェロなど、本書に登場する投資家の話は大いに興味をそそるだろう。

 二〇〇五年八月
 グレン・バージ(オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー紙編集)

序文

 本書第二版の序文を書くことになり、ウォーミングアップを兼ねて初版の大部分を読み返してみた。すると、初版のあちらこちらで、第二版執筆の可能性について言及している箇所が見つかった。つまり、この第二版は、最初から執筆される運命にあったのだと思う。

 われわれの間では、漠然と五年くらいたったら(つまり二〇〇八年ごろ)また集まって、一〇〜一二くらいの新しい章を書くことになるだろうと考えていた。そのころには、新鋭プロが台頭していて記録に残すべき素晴らしい成績を上げているだろうと思っていたのだ。

 ところが、わずか二年後に出版社が第二版の執筆を依頼してきたため、著者の間で意見が分かれた。副業で本書を執筆しているわれわれ三人にとって、数々のインタビューを行い、それを編集して十分良い本に仕上げるのは大変な作業に思えたからだ。しかし、話し合いを重ねるうちに、初版の製作は大変だったけれど、それと同時にとても素晴らしい経験だったということで意見が一致した。

 そして何よりも、われわれのエゴが勝った。

 不思議なことに、ヒューズも私(キッドマン)も記者として毎日のように新聞に名前が載っているにもかかわらず、本を書きたくてうずうずしていた。そんなある週末、子供の集まりに顔を出した私に、近所に住む男性が近づいてきてこう言った。「あなたの顔はどこかで見たことがある。そうだ、今読んでいる本の裏表紙に載っていたんだ。題名は確か、『マスタース・オブ・ザ・マーケット(Masters of the Market)』だった」。この時点で、私のエゴはオーバーヒートした。

 理由は何にせよ、本を執筆するという栄誉は、新聞に毎日記事が掲載されることよりも、ファンドマネジャーとして成功することよりも、なぜか大きな価値があるように思えてしまう。

 このようにして、二〇〇五年一月、われわれ三人はシドニーのブライ街にあるグラインドカフェで頭をつき合わせ、これから始まる五〇〇ページをどうするかについて戦略を練った。話し合いを始めてすぐ、初版からわずか二年ですべて新しい投資家をそろえるのは不可能だという結論に達した。われわれとしては「ウィザード(名人、マスター)」の名を汚さないために、本書で紹介するのは最高の投資家のみにしたかった。  結局、今回新しく紹介する投資家は、三人に絞ることにした。そうすれば、本書は単なるファンドマネジャーの紹介ではなく、ウィザードの殿堂という位置づけを維持できる。また、新たに紹介するウィザードの選定に、われわれ三人がかかわらないこともすぐに決まった。われわれが考慮しなかったり、単に知らなかったりしたことで、取り上げなかった人たちについて批判が起こるのを避けたかったからだ。  第二版に含める新しいメンバーの選考は、初版に登場した、オーストラリア版の一五人のウィザードたちに依頼して投票してもうらうことにした。ルールは、長期にわたって極めて優れた成績を上げていて、株式(それ以外のアセットクラスではなく)を中心とした投資を行っていることとし、得票数の多い人を取り上げることにした。

 この方法だと、われわれに数多く寄せられた「ウィザードたち自身は、だれが最高の投資家だと思っているのか」という質問の答えも一緒に分かる。候補にはたくさんの投資家の名前が挙がったが、投票結果はスタイルも専門分野もまったく違う三人に絞られた。選ばれたのは、メルボルンを拠点にしている無名の投資家で小型株が専門のピーター・ガイ、ロング・ショートのファンドマネジャー、フィル・マシューズ、そしてバランスト・エクィティ・マネジメントで八〇億豪ドルをオーストラリアのトップ五〇企業の株式で運用しているアンドリュー・シッソンだった。  ありがたいことに、三人ともインタビューの依頼を快諾してくれた。著者のひとりとしても、駆け出しのプロの投資家としても、新しいメンバーの話は、二〇〇三年に行ったインタビューのどれにも劣らない洞察にあふれていると思う。読者も、彼らの洞察を享受してくれたら嬉しい。  三人がまったく違うスタイルで投資を行っているという事実は、投資に関して成功する方法がひとつではなく、魔法の公式も存在しないというわれわれの考えを裏付けている。また、新たに加わった三人のインタビューを通じて、投資スタイルがさまざまな意味でその人の性格を反映しているということも確認できた。

 「新顔」が決定したあとは、初版で登場したウィザードたちについて二〇〇三年のインタビュー以降の活躍を調べていった。最初は、ウィザードたちに共通の質問と、活動内容に沿った個別の質問を組み合わせたアンケートを作成し、それに答えてもらった。この二年間、オーストラリアの株式市場と同じ素晴らしい成功を収めていたウィザードもいれば、七五%というマーケットリターン(本稿執筆時点)を維持するのに苦労しているウィザードもいた。ウィザードたちの多くがバリュー投資家で、ブル相場では投資先が少ないことを考えれば、パフォーマンスがマーケットを下回った人がいるのも不思議ではない。また、二年間という期間を短期ととらえる投資家も多く、ロバート・メープル・ブラウンやエリック・メタノムスキーなどは五〜一〇年後の価値を見据えて投資を行っている。長期的な成功を目指す彼らは、たとえ短期のハードルが高くなったとしても、自分の手法を順守していくだろう。

 初版に登場してくれたウィザードたちは、グレッグ・ペリーとピーター・モルガンを除いて全員が協力してくれることになった。ペリーは投資の世界から二年以上離れていたあと、最近になって新しい投資会社のQEDを立ち上げたばかりで、本書で紹介するほどの実績がまだないということだった。ただ、QEDが安定した実績を上げるようになれば、喜んでまた協力すると言ってくれた。もしかして、これは第三版を書かなければならないということだろうか。それは、そのときが来たら考えることにしよう。

 二〇〇五年九月

マシュー・キッドマン


関連書籍/DVD

■本書で取り上げられた書籍


マーケットの魔術師

新マーケットの魔術師

マーケットの魔術師【株式編】

マーケットの魔術師【システムトレーダー編】

新 魔術師たちの心理学

賢明なる投資家
新 賢明なる投資家
バフェットからの手紙
麗しのバフェット銘柄
証券分析
ゾーン
投資参謀マンガー
株の天才たち
狂気とバブル


トレーダーズショップから送料無料でお届け
ウィザードブックシリーズ - 現代の錬金術師シリーズ - パンローリングライブラリ -
ウィザードコミックス
- 電子書籍 - 投資セミナーDVD - オーディオブック -
トレーダーズショップ 日本最大の投資家向け専門店
-
Copyright (C) Pan Rolling, Inc. All Rights Reserved.