パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

ニックNew 青木智(株の達人)New太田 創BartJACK 鎌田傳 浅川夏樹 村居孝美 長友哲郎角山智優利加
羽根英樹 |  福森哲也 結喜たろう 柏木淳二 塩坂洋一 森田佳佑モーちゃん豊嶋久道 斉藤学 YEN蔵 バカラ村
杉本貴秀吉田恒けむ。徳山秀樹平田啓小口幸伸兄貴西原宏一夕凪池辺雪子石田和靖久保田博幸
藤ノ井俊樹山口祐介阿部俊之鈴木一之sarah岩本祐介中原駿片岡俊博はやぶさ
足立武志 川口一晃 青柳孝直小畑崇弘徃住啓一一角太郎村田雅志不動修太郎FuturesEYE赤裸々セミナー後記

million club hilton webinar option club etsuko fx express faber report larry TV 感謝祭DVD予約 三沢誠のリアルタイム・ストラテジー 感謝祭大阪 バカラ村式 FX短期トレードテクニック 株のデイトレ・スイングトレード 通信スクール


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

優利加

2003年8月から個人投資家に株式トレード技術の指導をする「優利加塾」を開講。2007年4月から准教授として大学及び大学院にて「数理ファイナンス」、「金融工学」、「ファイナンス概論」、「経営財務」などの科目を講義する一方、学部生及び大学院生の「演習(ゼミ)」の指導も行っている。モットーは「自他共楽」と生涯現役の株式トレード。著書の『 生涯現役の株式トレード技術』は、2006年2月出版以来、続々と感動の声が殺到。 ブルベア大賞2006 大賞を受賞。

「生涯現役のトレード日記」

夷陵の戦いから学ぶもの

03月01日
≪ある日の師弟の会話≫

From: Eureka!
Sent: Sunday, March 01, 2009 3:59 PM
To:….@freeml.com
Subject: [eureka_cm:9042] 夷陵の戦いから学ぶもの

皆さん、こんにちは。
○○さんも三国志から多くのことを学んでいるようですね。

夷陵の戦いにおける劉備の戦い方は、それまでに義兄弟であった関羽と張飛が殺されたため仇討の感情に支配され、冷静な戦略が立てられなったため、戦略・戦術の原理原則から乖離しすぎたと言えます。陣をどんどん後退させる陸遜に持久戦に持ち込まれ、追撃を続けるうちに補給線が細く長くなりすぎた上、最前線に殆どの兵力を集中している、しかも当初の水陸両面からの攻撃ではなく、陸上に兵力を集中していることに危うさを感じなかったのか?事実、陸遜が水上から、劉備軍の本陣ではなく後方の補給線を急襲し始め、劉備軍は総崩れとなった。

夷陵の戦いの劉備の采配を相場に当てはめてみましょう。

上昇相場に乗って、買いの増し玉を重ね逆ピラミッド型で買い上がって行く。買い玉の主力の買値はどんどん上がって行くが、含み利益総額は増加していく。大勝利を手にしたも同然だ〜!やがて高値圏のこう着状態となり、数週間から数ヶ月間の保ち合い相場となる。このとき、資金はほとんど投入し切り満玉に近い状態となっている。当初は、つなぎ売りも入れる予定だったが、根拠もなく上昇相場の継続を確信するあまり、両面作戦は白紙撤回し買い一辺倒で作戦続行を決定する。やがて、これ以上相場が上がりそうもないという雰囲気が支配的なってくると買い方の利食い売りが始まり(味方の寝返り)、それに乗じて売り方が空売りを仕掛けはじめると相場の下落は加速する。逆ピラミッド型で補給線が伸び切った買い玉はあっという間に含み損領域へ落ち込み、つなぎ売り玉もないのでなすすべもなく損失だけが拡大していく。

どうでしょうか?戦と相場の本質はまったく同じだということが分かると思います。だから、相場でも戦略的、戦術的思考は大切なのです。

優利加

From:○○
Sent: Sunday, March 01, 2009 10:04 AM
To:…..@freeml.com
Subject: [eureka_cm:9041] Re: 地の利と時の利を味方につけると強い

優利加先生、皆さんこんにちは
32期○○です

NYダウも日経も7000割れを必死に食い止めようとしているみたいですね。
僕は三菱UFJの追撃売り待ち、日本製鋼所25DMA反落10DMA下抜けで売り参戦したいと思っています。

陸遜は時の利、地の利がそろうまで待ったのが勝因なのですね。
一方劉備は勝利の方程式を無視して我流でやってしまったため負けるべくして負けたのですね。
戦線を離れていた孔明は蜀軍のフォーメションを聞き激怒したみたいですが・・・
これからも陸遜のように「守」を遵守していきたいです。


2009/02/27 0:18 Eureka!:

皆さん、こんばんは。
○○さん、相場全体は依然として天の利、地の利、時の利、すべてが売りです。日経平均ベースの予想EPSから計算したフェアバリューから判断すると、自然体で行けばさらに下げるはずですが、政府の政策発動や年金の買い支え等もあるので、7,000円割れは何とか避けようという強い力が働いていると思われます。

但し、現在の予想EPSは2009年3月期決算が中心なので、4月末から5月末までに2010年度3月期決算予想が出そろい、新年度の予想EPSが現在の110円前後からどの程度上になるのか下になるのか次第で、昨年10月下旬以降続いている底値圏での保ち合いからどちらかへ放れることになるでしょう。

夷陵の戦いで陸遜が劉備を壊滅できたのは、蜀軍の補給線が伸び切り3ヶ月間の対峙で劉備軍の士気が緩み切った(地の利)ところで、火攻めと夜襲による奇襲(時の利)をかけたことが主因でしょう。昔も今も、地の利と時の利を味方につけると強いです。

優利加

From: ○○
Sent: Thursday, February 26, 2009 9:31 PM
To: ….@freeml.com
Subject: [eureka_cm:9039] Re: 本日の相場

優利加先生皆さんこんばんは
32期○○です

今日の日経は10DMAを一時上抜きましたが結局戻り売りに押されたようです。
直近安値7685円を突破できるかどうかですね。
騰落レシオ82.87、上方新値2本、株価サイクル
売り戦略ですね。

今は反発警戒で三菱UFJの最小売り玉だけです。
監視中の日本製鋼所は出来高が急増し大きく反発、10DMAを上抜きました。
僕が数日前売り玉手仕舞いした時つなぎ玉をいれて両建てしとくと威力を発揮するのですね・・・
上下どっちの展開も考えられるので今は様子見です。

同じ職場の△△さんが、
三国志の陸孫が劉備を破った時のように
絶好の時機が来るのを待ちたいと言ってました。
なるほどなぁと思いました。
連戦連勝で圧倒的に有利だったはずの蜀が呉に大敗したのは
劉備の慢心おごりに対して陸孫が我慢に我慢を重ねた結果なんでしょうか。
ひたすら防戦していた陸孫にしびれをきらした劉備が陣を乱して呉に進入した時
この時をまっていた陸孫は守勢から一気に火攻めに転じて蜀軍を壊滅させました。
馬良の諌めを聞き、ほどよく勝って引き上げればよかったのですが・・・
孔明が聞いた時はすでに遅しでした・・
いくら資金があっても劉備のように兵法・レジュメを無視した戦いをすれば
あっという間に大敗・退場しますね。

コメント投稿
ページのトップへ

優利加氏の著書

生涯現役の株式トレード技術 【生涯現役のための海図編】

生涯現役の株式トレード技術


優利加氏のセミナーDVD

DVD 生涯現役の株式トレード技術 【チャートの読み方と建て玉操作】

DVD 生涯現役の
株式トレード技術
悟り編


DVD 生涯現役の株式トレード技術【海図編】



DVD 生涯現役の株式トレード技術



DVD 生涯現役の株式トレード技術 実践編



DVD 生涯現役のトレード技術 【銘柄選択の型と検証法編】



DVD 生涯現役の株式トレード技術 【ゆらぎ取りとその考え方】



過去のブログ

  • 17年03月
  • 17年02月
  • 17年01月
  • 16年12月
  • 16年11月
  • 16年10月
  • 16年09月
  • 16年08月
  • 16年07月
  • 16年06月
  • 16年05月
  • 16年04月
  • 16年03月
  • 16年02月
  • 16年01月
  • 15年12月
  • 15年11月
  • 15年10月
  • 15年09月
  • 15年08月
  • 15年07月
  • 15年06月
  • 15年05月
  • 15年04月
  • 15年03月
  • 15年02月
  • 15年01月
  • 14年12月
  • 14年11月
  • 14年10月
  • 14年09月
  • 14年08月
  • 14年07月
  • 14年06月
  • 14年05月
  • 14年04月
  • 14年03月
  • 14年02月
  • 14年01月
  • 13年12月
  • 13年11月
  • 13年10月
  • 13年09月
  • 13年08月
  • 13年07月
  • 13年06月
  • 13年05月
  • 13年04月
  • 13年03月
  • 13年02月
  • 13年01月
  • 12年12月
  • 12年11月
  • 12年10月
  • 12年09月
  • 12年08月
  • 12年07月
  • 12年06月
  • 12年05月
  • 12年04月
  • 12年03月
  • 12年02月
  • 12年01月
  • 11年12月
  • 11年11月
  • 11年10月
  • 11年09月
  • 11年08月
  • 11年07月
  • 11年06月
  • 11年05月
  • 11年04月
  • 11年03月
  • 10年09月
  • 10年04月
  • 09年06月
  • 09年05月
  • 09年04月
  • 09年03月
  • 09年02月
  • 09年01月
  • 08年12月
  • 08年11月
  • 08年10月
  • 07年08月
  • 07年07月
  • 07年05月